FC2ブログ

2012年03月12日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、アスリート道場の藤島です。 

いつもありがとうございます。

DSC_0120_convert_20120314105240.jpg


今日から各道場で

審査発表を行います。

先週でもお話しましたが

物事に取り組むとき

なれるわけが無いは論外として

なりたいもたいた違いはありません

黒帯になると決意し

黒帯になって当たり前

の気持ちになるまで

自分を信じれるような

稽古をするべきだと思います。

黒帯になった生徒に聞くと

苦労はするだろうが

黒帯にはなれると思っていた

と大体言います。

自分を信じて稽古に励むことが

何よりも大切だと思います。



●イベント日程

3月18日(日) 春季交流試合

3月20日(火・祝) 京都クラッシック



●今週の一言(89)

出来ると思えば

たいていのことは出来る

自分を信じた人だけが

夢を現実にする


●解説

本田宗一郎氏といえば、一自動車修理工から身を起こし、

本田技研を世界的な自動車メーカーに育て上げた人物です。

本田氏の研究心は物凄く、創業間もない頃には

ピストンリング(エンジン部品)を造るにしても

分析用機器が買えないために、分析用機器を製作している

工場に通いながら自分で器械を造ってしまった程です。

それだけでなく自分でコンクリートを制作し、

割れたガラスを集めてきて釜で溶かして窓ガラスまで造り、

自分で工場まで建ててしまいました。

現代は、専門的な「生きる力」を持った人が時代を創っています。

一芸を極めることは一つの原理を理解することに繋がります。

一つのことで成し得たことは自信となり、

他の分野でも応用がきくからです。

本田氏は、「やろうと思えば人間はたいていのことは出来る」と語っています。

成功するためには様々な要素が関わってはきますが、

結局は「出来る」と自分を信じた者のみが自己実現できるのでしょう。


●徳育のすすめ/宮腰明
Share

Comments 0

Leave a reply