FC2ブログ

2012年04月02日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。

DSC_0011_convert_20120406104900.jpg


先にご報告した通り

4月より、新しい教義である徳育学習を導入します。

徳育学習会や講習会は希望者が参加できる形ですが

道場では月1回稽古の終わりに

論語の素読を行います。

私も、中川先生より指導(講習)を受けた時

心が洗われていくのを感じました。

毎月初めに、会報と合わせて素読の用紙を配布します。

※一言用紙はお休みです

ご家庭でも見ていただき親子でのコミュニケーション

に役立てていただけたらと思います。


●イベント日程

4月8日(日)真庭修練会        (白梅体育館)

4月29日(日)北分支部前期審査会 (白梅体育館)

5月20日(日) 限定審査会      (野田道場)




●論語「書き下し文」

子曰く、学びて時に之を習う、亦悦ばしからずや。

朋遠方より来たる有り、亦楽しからずや。

人知らずして慍らず、亦君子ならずや。


「読み方」

しのたまわく、まなびてときにこれをならうまたよろこばしからずや

ともえんぽうよりきたるあり、またたのしからずや

ひとしらずしていからず、またくんしならずや


●解説(徳育学習会訳)

どのようなことでも、学んだ時にはそれを何度も繰り返し、

練習したり考えたりしてできるようになると、

それが「学びの喜び」になります。

小さなことでも「わかった」、

「できた」「うまくなった」「やり遂げた」という

「喜び」を体験し積み重ねると自信にもなり、意欲が湧いてきます。

自転車に乗れたとき、体が水に浮いて泳げるようになった喜び、

九九が言えるようになった喜びは、生涯忘れられない思い出になります。

そして一緒に勉強したり(鍛えたり)遊んだりした友達は自然と心が通じて仲良くなれます。

そういう友達がいることは、すごく嬉しく楽しいですね。

また、心の大きく広い豊かな徳ある人は、学ぶことは、

自分の志(将来の目標など)のためなので、人の評価は気にしません。

日頃から、そういう優れた人になれるように心がけることが大切です。


●論語(学而第一・一)/徳育学習会


最後まで、読んでいただき有難うございます。

Share

Comments 0

Leave a reply