メール配信(2016.07.18)

author photo

Byblacksabbath1104

DSC_0094_convert_20160715123357.jpgDSC_0042.jpgDSC_0041.jpgDSC_0040.jpgDSC_0089_convert_20160712011723.jpgDSC_0058_convert_20160706001956.jpgDSC_0022_convert_20160705004018.jpgDSC_0018_convert_20160705003927.jpgDSC_0153-1.jpg

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

審査後、再確認の生徒は補習稽古を行っています。

先輩達に指導してもらってやっと帯をもらえた時の

嬉しそうな表情をみているとこちらも嬉しくなります。

すんなり合格する人が優れている…と

思いがちですが人には、それぞれ学ぶべきことがあり、

体験するタイミングがあると私は思います。


話はかわりますが…多動性があると診断された生徒がいます。

ご家族の方からは大丈夫でしょうか?…と

相談されることがあります。

言葉による説明を理解しにくい…ということなので

見本を見せたり、図で示したりすれば特に問題はありません。

私見ですが…多動性が注目された(増えた?とされる)理由は

知識を詰め込む学習形態や社会の仕組みに

原因があるのではないかと思っています。

アスペルガー症候群と言われる人の中には

偉業を達成したスポーツ選手や科学者が多くいるそうです。

人と比べて…という観点ではなく

出来なかったことが出来るようになった…等

それぞれの成長を見守っていきたいと思います。


●イベント日程

 7月23日(土)~24日(日) 少年部合宿旅行

 8月07日(日) 限定審査会

 8月13日(日)~16日(水) お盆休み



●今週の一言(254)


 優劣ではない。

 上も下もない。

 ただ違いがあるだけ。




●解説

誰だって探せば、苦手なこと自分の嫌いなところのひとつぐらいはあるものです。

他の人は持っているのに自分だけが持っていない。

それは自分が劣っているからだと考えてしまいがちです。

劣等感とは、ただの思い込みや先入観によるところが大きいのです。

劣等感は他人との比較で生まれます。

他の人に比べて自分はダメだと落ち込んでしまう。

人生は競争でも順位争いでもありません。

他人と比べて劣等感を持つ必要なんてないのです。

出来ないことや、ないものに囚われていても仕方ありません。

自分が不完全であるということを受け入れましょう。

出来ること、今あるものに目を向けてみましょう。


●参考…ブログ/深呼吸日和


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

Share

Comments 0

Leave a reply