FC2ブログ

メール配信(2016.0926)

author photo

Byblacksabbath1104

DSC_0386_convert_20160926140151.jpg

会員・保護者の皆様、
いつも有難うございます。

 

昨日の秋季審査会

 

参加された皆さんお疲れさまでした。

 

ご協力いただいた

 

審査員、学生部の皆さん有り難うございました。

 

今回の審査では「何故空手(武道)をするのか」ということと

 

「教え過ぎないようにしている」という事をお伝えしました。

 

最近の子供達は情報も体験も与えられるばかりで

 

自分で考える…という習慣がないと思えるからです。

 

道場では組手をすれば痛いので

 

どうやったら防ぐことが出来るか

 

相手を上回るためにはどうしたらいいか

 

そういった外圧(プレッシャー)に対して

 

自分自身で考えて思いついたアイデアを試し試行錯誤を繰り返す

 

そんな機会があります。

 

与え過ぎないよう自分自身で外圧を乗り越える

 

そんな体験が出来るようサポートしていきたいと思います。

DSC_0392_convert_20160926140229.jpgDSC_0388_convert_20160926140605.jpgDSC_0394_convert_20160926141042.jpg

 

●イベント日程

 

 1023()伝統型大会

 1030()北分支部後期審査会

 

 

●今週の一言(261)

 

 
  答えのある課題

 ばかりをしていると

 外圧を感じることの出来ない

 「鈍感人間」になる

 

●解説

二度も、三度も同じ過ちを繰り返すのは、失敗を失敗として感じていなかったり、

その失敗を究明するために考える力がないからです。

日々の生活の中、変化する状況を、いかにして捉え、

対応していくかで、紙一重のところで成功と失敗を分けたり、その人間の成長につながったりするものです。

外圧
(プレッシャー)を乗り越えていくためには、それを感じ取る力を養う必要があります。

普段から答えのある課題ばかりに、取り組んでいると、

外圧に抵抗できない
(誰かが解決してくれるという発想をもつ)受け身人間になってしまいます。

『外圧を感じる力』は、目的を強く持っていることです。

『感じる力』の本となっているものは夢、希望、目的を強く持っていることから湧き出てくるのです。

●参考…るいネット



審査では黒帯の授与が行われました。

皆を励ますようなコメントと模範の型。

(ちょっと緊張していたようです)

後輩にとっては良い刺激になりました。

これからが本当の稽古です。一緒に頑張りましょう。

 

最後まで読んでいただき有り難うございます。

Share

Comments 0

Leave a reply