本部修練会

author photo

Byblacksabbath1104


2016本部修練会
~30人組手マラソン~


IMG_0808.jpgIMG_0163.jpgIMG_0447.jpgIMG_0311_convert_20161004143045.jpg
9月18日(日)岡山県体育館サブアリーナにおいて『IBMA極真会館岡山県本部修錬会』が行われ、30名が参加。台風の影響で湿度の高い中、汗だくになりながらも最後まで集中力を切らすことなく全員が無事完遂しました。

 

IMG_0750.jpgIMG_0156.jpgIMG_0172.jpg
IMG_0329.jpgIMG_0319.jpgIMG_0304_convert_20161004145303.jpg

三部制で実施された修錬会。第一部では伝統型講習が行われ、レベルに応じた型が指導されました。伝統型試合間近ということもあり、細部に亘り技や動作の、指導が行われ参加者も上達を実感した様子でした。

第二部有段者演武では森下凜那(初段・津高)の四方割、池本准師範による手刀瓦十枚割、小山准師範によるバット折が披露され、拍手が湧き起こりました。

「二枚挑戦してみる?」指導員に促され、緊張の面持ちで二枚割や高難度の技に挑む参加者たち。成長を図る場として、一年の目標ともなっているようです。
 

第三部はメインの30人組手マラソン。

組手に入る前に、藤島師範より簡単に組手解説があり、仮想組手で心も体もほぐした後「礼法、姿勢、表情、呼吸に注意すること」と伝えられ、いよいよ組手が始まりました。

対戦後は両手で握手し先輩は後輩にアドバイスと励ましの言葉を送ります。気持ちが崩れそうになっても仲間の言葉が力となり、無事全員が完遂しました。

閉会式では疲労の中にも厳しい状況を乗り越えた者のみが味わえる充実感を表情に滲ませていました。

この修練会が参加者にとって文字通り一年の修練の成果を発揮する場となるよう更に内容を充実させていきたいと思います。

 

IMG_0667.jpgIMG_0510.jpgIMG_0644_convert_20161004145353.jpg
IMG_0760_convert_20161004145327.jpgIMG_0783.jpgIMG_0809.jpg

 ●参加者コメント(敢闘賞)

太田早紀(四級・水島)中学3年生

今回、初めて参加しました。30人組手マラソンは、始まる前からすごく楽しみしていました。テーマは「突きをしっかり当てていく」ことでしたが、なかなか思ったように出来ませんでした。

最初から最後まで気を抜けず途中のことは覚えていませんが力を出し尽くし、今後の課題が多く見つかりました。

敢闘賞にはビックリで、母から「すごいね」と言ってもらえて嬉しかったです。







Share

Comments 0

Leave a reply