FC2ブログ

2011年03月14日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます

110101_0714+00011_convert_20120205175623.jpg


大変な災害がおこっています

自然の前で人間は無力な存在だということを

認識してしまう出来事です

つらい時

きつい時

頑張れ

という励ましは、あまり効果がないそうです

本人からすれば

なぜこんなことが、

こんなに努力しているのに…

と思っているのにまだ頑張らないと

いけないのか…

などと思うからだそうです


●イベント日程

3月20日(日)…春季交流試合 (岡山県体育館・サブアリーナ)

4月10日(日)…北分支部修練会 (白梅体育館)



●今週の一言(38)

朝のこない夜はない

永遠の夜はなく

永遠の昼はないように

苦労の後には

必ず喜びの日も来るだろう



●解説

これは、若い日、貧困に耐える生活を送っていた時期に、

吉川英治(宮本武蔵の作家)が

母親からよく言い聞かされてきた言葉だそうです

できることならば、

「人生は自分の思い通りになってくれれば」と

だれでも願っているでしょうが、

そうならないことも多いものです

なぜ思い通りにならないのか、

「悲しみが分からなければ本当の喜びが分からない」

「不幸が分からなければ本当の幸福が分からない」

「低いところがなければ高いところが分からない」

…このようにいうこともできるかもしれません

人生に限らずこの世の中のすべては

裏と表が対になっています

逆境にあるときはとくに忘れないようにしたいものです

逆境に会ったときの最大の収穫は

人の優しさに触れることができること

と聞いたことがあります

多くの人たちが無事救出されることを願います



●引用…ウェブ:安らぎと慰めの言葉・愛よ広がれ



時々返信していだいている皆様へ…

多数になった場合、対応ができない恐れがあるため

返信は控えさせていただいています

皆様の暖かい、お言葉に感激し勇気を

いただいています


最後まで、読んでいただき有難うございます
Share

Comments 0

Leave a reply