メール配信(2017.01.09)

author photo

Byblacksabbath1104

DSC_0018_convert_20170109102549.jpg

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

明けましておめでとうございます。

第一週目の稽古では論語の素読を行っています。

一通り、みんなで素読を行ってから解説に入ります。

今回は生徒がどう感じたかどう考えたか要点は何と思うか…等とたずねてみました。

積極的に発言してくれる生徒もいれば

指名されてからですが良い意見を言ってくれる生徒

私の意見とは(全く)違う方向の見方をする生徒…等々

人それぞれで、とても面白いと思いながら やり取りをしています。

これからも、生徒と一緒に学んで行きたいと思います。

本年も宜しくお願い致します。

DSC_0060_convert_20170109102624.jpgDSC_0096_convert_20170109102705.jpgDSC_0127_convert_20170109102738.jpg

●イベント日程


 1月29日(日) 前期指導員会議

 2月05日(日) 限定審査会

 2月12日(日) 昇段講習会


●とくいく「論語」五十八(自分を磨くということを知る・十四)


「書き下し文」



 子張、善人の道を問う。

 子曰く、

 迹を踐まず、亦室に入らず。


●読み方

 しちょう、ぜんにんのみちをとう。

 しのたまわく

 あとをふまず、またしつにはいらず。


●とくいく「こども論語」略


子張(孔先生の弟子)が「善人(良い普通の人)は、

どんな努力をすれば立派な人になれますか」とたずねました。

すると孔先生が言いました。

まず一つは、やって良いことと悪いことを自分で判断できるようにすること。

そして次は、良いと思うことは自分から進んでできるようにすること。

最後は、悪いと思うことは強い心(気持ち)でしないようにすること。

そういうことが自然とできるようになると、

誰からも信頼されるようになり、良い友達がたくさんできるようになりますよ。


●出典…論語(先進第十一‐十九) /徳育学習会

最後まで読んでいただき ありがとうございます。

Share

Comments 0

Leave a reply