メール配信(2017.02.06)

author photo

Byblacksabbath1104

CM170204-192516033_convert_20170210143552.jpg 

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

少年部の稽古の時

私が指導している時は真剣にしているけれど

補助指導の先輩が指導している時はちょっと気を抜いてしまう…

という生徒が時々います。

そんな時は、直ぐに近づいて…一言

相手によって態度を変えるのは、おかしくないかい?

と尋ねるようにしています。

一方的に叱咤するよりも心に響くのか

気を取り直して真剣に稽古します。

誰が指導していてもどんな環境でも

状況に流されることなく今していることに一生懸命取り組む

そんな態度(心)を育成していきたいと思います。



●イベント日程

 2月12日(日) 限定審査会
 
 2月26日(日) 昇段講習会
 
 3月05日(日) 春季審査会

 3月19日(日) 春季交流試合

CM170203-184608020_convert_20170210143731.jpgCM170202-180146037_convert_20170210143840.jpgCM170207-183404002_convert_20170210143628.jpg


●とくいく「論語」五十八(善い生き方とは・十九)


「書き下し文」


 子曰く、

 仁に當たりては

 師にも譲らず。


●読み方

 しのたまわく

 じんにあたりては

 しにもゆずらず


●とくいく「こども論語」略

孔先生が言いました。

人に優しく親切にすることや、悪いことをしてしまって

素直にあやまることなど、

「良い心」を実行する時は、

先生や誰の前でも遠慮しないで実行しなさい。

それは立派な大人になる為にとても大切なことです。


●出典…論語(衛霊公第十五‐三十五) /徳育学習会


最後まで読んでいただき ありがとうございます。

Share

Comments 0

Leave a reply