2017春季交流試合

author photo

Byblacksabbath1104


第18回 春季交流試合

IMG_1922.jpg
●オンリーワンを目指して!!

他者との優劣ではなく、自分自身のベストを尽くす『オンリーワン』を目指す戦いが始まりました。 
初出場の生徒も多く、保護者に見守られながら、ぎこちなくも気迫のこもった突き蹴りを繰り出す姿は心の成長を感じさせてくれました。

IMG_1007_convert_20170320135236.jpgIMG_1023_convert_20170320135434.jpg
IMG_1718_convert_20170320140139.jpgIMG_1676_convert_20170320140110.jpgIMG_1261_convert_20170320140003.jpgIMG_1088_convert_20170320135740.jpgIMG_1135_convert_20170320135929.jpgIMG_1873_convert_20170320140208.jpg
●次なるステップへ
各クラスで好試合が続く中、一般ABクラスでは高校生ながら髙橋彪雅(初段・野田)が優勝。「後輩のお手本となるような組手がしたい」との言葉通り、緒戦では20㎏もの体重差を跳ね返して勝利、前蹴りを巧みに操る組手は見事でした。
「試合は課題を見つける場であり、その後が大切です」と開会式で藤島師範が語ったように、参加者の心はすでに夏の岡山県大会に向けられていました。
IMG_1107_convert_20170320135818.jpgIMG_1278_convert_20170320140038.jpg

●フリースタイル

今年も魅せました!髙橋龍斗(初段・野田)と岡村飛翔(初段・西大寺)の対戦となった決勝戦。「ウエイトトレーニングの成果です」と語る岡村の大きく振りかぶった独特のフォームから繰り出す突きは強烈無比!先に有効を奪い、髙橋にとっては苦しい展開に。
このまま岡村勝利かと思われた終了間際、髙橋が投げ技で逆転の有効を奪い、先輩の意地を見せました。この大逆転こそがフリースタイルカラテの醍醐味と言えます。
破れはしましたが、岡村の成長ぶりは心胆寒からしめるものでした。

IMG_1077_convert_20170320135642.jpgIMG_1111_convert_20170320135852.jpgIMG_0972_convert_20170320135149.jpgIMG_1079_convert_20170320135713.jpg

親子、兄弟姉妹での出場もお馴染みの光景となりましたが、今大会では11組もの兄弟姉妹がそろって入賞を果たすという活躍を見せました。『お兄ちゃん、お姉ちゃんに追いつき追い越せ』とばかりに互いの存在が刺激になっているようです。

20170410141933a1a_convert_20170629231915.jpg 二人で入賞できて嬉しい!

小西巧海(八級・三浜)
  小3BCクラス第三位

小西優衣(十級・三浜)
  幼年Aクラス準優

兄:妹が出ているときには一生懸命応援しました。勝った時はとってもうれしかったです。
妹:おにいちゃんの試合はおうえんしました。ふたりでメダルをもらえてうれしかったです。


笆譏・蟄」莠、豬∬ゥヲ蜷・邨先棡騾溷ア_convert_20170320143807




Share

Comments 0

Leave a reply