FC2ブログ

2011年03月28日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます

PAP_0197_convert_20120205174841.jpg


指導で心がけていることがあります

●自分が楽しいこと 

●生徒をよく見ること

●生徒の上達を喜ぶこと

…の三つです


以前は…

◆説明をわかりやすすること

◆上達させることの二つがメインでした

もちろん大切なことですが、ふっと思いました

 指導がつらい時がある

 生徒が上達しない

 反応がわるい

武道の稽古では本人が上達を

実感しにくいという面があります

運動でも勉強でも上達の実感のないものに

人は意欲を傾けることはできません

実力が上がらなければ自信もつきません

考えた末

意欲が上がらない

厳しい稽古から

楽しく上達する稽古方法を

模索し始めました

少しずつ形になっています

これからも

生徒が意欲をもって稽古できるように

工夫をしていきたいと思います


●イベント日程

4月10日(日)…北分支部修練会 (白梅体育館)

4月17日(日)…組手講習&審判講習会 (野田道場)

4月24日(日)…北分支部前期審査会 (白梅体育館)

5月15日(日)…岡山県ジュニア大会 (岡山県体育館)

5月29日(日)…限定審査会 (野田道場)



●今週の一言(40)

人生という戦いで勝ち抜くのは

強く速い者とは限らない

最後に勝ち残るのは

勝てるという自信を持った者だ



●解説

プロゴルファー、アーノルド・パーマーの言葉の抜粋です

スポーツでも、何かの勝負ことでも、

実力があるものが必ずしも勝つとは限らないと良く言われます

特にスポーツの世界では接戦の試合などで

結果を大きく左右するのは自信の有無だと言います

ある心理学者は、

「人間が失敗する唯一の理由は、自分に自信が持てないから」

と語っています

自信のある人は、そうでない人より良い職業につき

よりよい業績をあげるという統計があるそうです

学校の成績で見た場合知能指数が高いことより

自尊心が高い生徒の方か成績がよいという研究結果もあります

成功する人は他人がなんと言おうと

自分の能力に絶対の自信があるといいます

稽古を一生懸命することも大切ですが

今現在の選択に妥協をしないという態度が

自信を身に付けるコツといえるのでしょう



●参考…戦う自分をつくる13の成功戦略/ジョン・C・マクスウェル



最後まで読んでいただき有難うございます


Share

Comments 0

Leave a reply