FC2ブログ

メール配信(2017.06.05)

author photo

Byblacksabbath1104

DSC_002000000000000000000000078.jpg  

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます。

先週木曜日より各道場少年部で月1回の論語の素読を行っています。

内容を読んでツイッターで見かけた文章を思い出したのでご紹介します。

※注…実話かは不明です。

(以下転載・一部編集)

ある中学校での話

本屋さんで万引して捕まった生徒が

「お前の親のせいで希望の高校にいけなくなるかもしれない!!」

「お前が責任をとれ」…と

本屋さんの娘を責めるという騒動がおこりました。

どう考えても万引きをした生徒が悪いのに

その親たちも

「たった千円のことなのに子供の将来を潰す気か?」

「自分の子供の同級生を警察に突き出すなんて、人でなしの娘は責められるのは仕方ない」と

大騒ぎになりました。

すると

その学校の校長先生は万引きして捕まった生徒達に向かって

「今からAさん(万引きした親・飲食店経営者)のお店に行って好きなだけ無銭飲食してきなさい。

Aさんは自分の子供の同級生なら将来のことを考えて警察にも通報しないし

お店が損をしても気にしないそうですよ」…と言いました。


(転載終了)

何かに捉われてしまうと人は間違った判断をしてしまうものです

広い視野と深い思考が必要だと感じました。


●イベント日程

6月18日(日) 岡山県大会

7月02日(日)夏季審査会

7月22日(土)~23日(日)夏季合宿旅行


ZOE_5001_100000000000000000000000001.jpg2IMG_0032 (2)00000000000000000078DSC_00250000000000000000001.jpg


●とくいく「論語」六十三(善い生き方とは・二十一)


「書き下し文」


 子夏曰く、

 大徳は閑を踰えず。

 小徳は出入すとも可なり。



●読み方

 しかいわく、

 だいとくはのりをこえず。

 しょうとくは

 しゅつにゅうすともかなり


●とくいく「こども論語」略

子夏(孔先生のお弟子さん)が言いました。

人が正しく生きるために、もっとも大切なことは、善悪の判断(良いことと悪いことの判断)ができること、

仁徳(正直な心と思いやりの心)を持って行動することです。

そして、次に大切なことは、

学校や社会が良くなるための規則(ルールやマナー)、

礼節(挨拶や返事など)を大切にして行動することです。

そして、

良いことは自分から進んで行動し、悪いと思うことはしないように心がけて下さい。

そうすることで、大徳(大きな善い心の働き)を兼ね備えた立派な人になることができます。


●出典…論語(子張第十九‐ 十一)/徳育学習会


最後まで読んでいただき ありがとうございます。
Share

Comments 0

Leave a reply