FC2ブログ

メール配信(2018.03.05)

author photo

Byblacksabbath1104

IMG_0016_convert_20180305125336.jpg
会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。
昨日の春季審査会
参加された皆さんお疲れ様でした。
お手伝いいただいた審査員、学生スタッフの皆さん
有り難うございました。
審査の前後、ご家族の方と生徒のやり取りで
優しく言葉をかけている人
厳しくアドバイスや指示をする人
審査中は、
厳しい表情で見ている人
多少失敗しても微笑ましく見ている人
失敗しないか心配そうに見ている人
…子育ての方針(接し方)は様々だなあと、改めて思いました。
道場の稽古や審査会では子どもの自立心を養うために
家族のところには極力いかないようにしてもらっています。
準備、行動、後始末と言われますが。
自分の力で、何かをやり遂げるという体験をしてもらえたらと思います。

●イベント日程
3月11日(日) 京都大会
3月18日(日) 春季交流試合
4月08日(日) お花見会


IMG_0106_convert_20180305131851.jpgIMG_0102_convert_20180305125224.jpgIMG_0114_convert_20180305131947.jpg

●とくいく論語二 

「書き下し文」

有子曰く、
其の人と為りや孝弟にして、
上を犯すことを好む者は鮮なし。
上を犯すことを好まずして、
乱を作すことを好む者は、
未だ之有らざるなり。
君子は本を務む。
本立ちて道生ず。
孝弟はそれ仁を為すの本か。


「読み方」
ゆうしいわく、
そのひととなりやこうていにして、
かみをおかすことをこのむものはあらたなし
かみをおかすことをこのまずして、
らんをさくすことをこのむものは、
いまだこれあらざるなり
くんしはもとをつとむ。
もとたちてみちしょうず。
こうていはそれじんをなすのもとか。

●とくいく「論語」訳
孔子の弟子の有先生が言いました。
家族を大切に思っている人なら、社会に出て目上(年上)の人や、
お父さん、お母さんに、むやみに反抗したり不満をいったりする人はいません。
そのように、むやみに反抗したり不平不満を言わない人であれば、社会の秩序を乱すようなことはしません。
そのような優れた人は常に家族を思い大切にします。
親、兄弟姉妹を思い家族を大切にすることが、人として正しく生きるための「仁(正直な心と思いやりの心)」の本ですよ。

秩序…学校や社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまりのこと。


●出典…論語(学而第一・二)/徳育学習会



最後まで、読んでいただき有難うございます。
Share

Comments 0

Leave a reply