FC2ブログ

メール配信(2018.06.04)

author photo

Byblacksabbath1104

IMG_0336_convert_20180604140535.jpg
会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。
昨日の伝統型講習会
参加された皆さんお疲れ様でした。
私は主に手順を覚える段階の生徒の指導をしました。
初めて参加する生徒もいて覚えられるかな …と(少し)
心配していましたが皆集中して稽古に取り組み、正確な手順を覚えることが出来ました
秋には伝統型試合が行われます
今回参加した人が
種目別の部で素晴らしい演武を見せてくれることを期待したいと思います。

●イベント日程
 6月17日(日) 岡山県大会
 6月24日(日) 連合会グラチャン
 7月1日(日)  夏季審査会
 7月15日(日)  伝統型講習会
 7月28・29日(日)  夏季合宿旅行

IMG_0312_convert_20180604140552.jpgIMG_0314_convert_20180604140606.jpgIMG_0331_convert_20180604140639.jpg

●とくいく「論語」五 (心を込める大切さを知る・一)

「書き下し文」
 
  子曰く、
  人にして仁あらずんば、
  礼を如何にせん。
  人にして仁あらずんば、
  楽を如何にせん。


「読み方」
  しのたまわく、
  ひとにしてじんあらずんば、
  れいをいかにせん。
  ひとにしてじんあらずんば、
  がくをいかにせん。

●とくいく「こども論語」訳
先生が言いました。
人を尊び敬うまごころがなければ、挨拶は何の意味もないでしょう。
返事も同じで、いやいや返事をするのは、相手が嫌な思いをするだけです。
人を尊び敬うまごころがなければ、音楽(楽器や歌)も人の心を癒したり楽しませることはできないのです。
反対に、たとえ下手でも一所懸命に心を込めれば、その気持ちが人の心に響くものです。
だから、ふだんの挨拶や返事はもちろん、何ごとに対しても心を込めて行うことが大事なんですよ。
そうすれば、きっと学校でも家でも気持ちよく生活できるようになりますよ。

※尊び敬う…相手を大切に思う心。

●出典…論語(八佾第三―三)/徳育学習会

最後まで、読んでいただき有難うございます。



Share

Comments 0

Leave a reply