2018.07.02(月)

author photo

Byblacksabbath1104

DSC_0002_convert_20180704133730.jpg

●少年部…幼年から中学2年生までの生徒が参加
夏季審査会も終わり、来週の結果待ちなので、今日は比較的楽しい稽古。
基本、移動、型等空手の空手の稽古は単独で行うものが多いのですが、意味が分からないので意欲が高まらないようです。
時々対人で型の分解(用法解説)をしますが、子供達にはちょっと難しい。
色々と工夫しながら(意欲的に)学べるようにしていきたいと思います。
入会者が1名。今日は幼年から高学年まで合同で進行しているので、難しい部分は見学。見学中の姿勢がとても良かったです。(こういう子は直ぐに上達します)
打ち込み…帯によって種目を変えて説明。
受け技とスパーリングは先輩と後輩が組んで指導してもらいながら。
高学年の先輩達がとても頼もしく見えます。
DSC_0004_convert_20180704133753.jpgDSC_0010_convert_20180704133709.jpgDSC_0011_convert_20180704133811.jpg
●一般部…中学生から社会人までの生徒が参加
伝統基本…白帯のモトハル君は私がマンツーマンで基本稽古。
課題だった回し蹴りと横蹴りもかなり上手くなっていました。…家でも稽古しているようです。
他の生徒は野﨑先生がリードして基本から伝統移動。
打ち込みから合流…組手で良く使うと仕掛け技を各自で考えるように指示。
数種類…自分が大昔に使っていたパターンも紹介しました。
色々な技を稽古するのは時間は限られています。
しっかりとイメージして稽古に臨んでもらいたいと思います。
Share

Comments 0

Leave a reply