FC2ブログ

2011年05月02日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます

FH010026_convert_20120205171447.jpg


ジュニア大会の出場者が出そろい総勢182名が参加します

交流試合と違いは何?…聞かれることがあります

運営する立場でいえば、大違いですが…

出場者の立場から見れば違いはありません

交流試合はジュニア大会で入賞(ベスト4)した

生徒は出場できないこと

ジュニア大会は帯によるクラス分けがないことですが

交流試合もジュニア大会も

組み合わせには細心の注意を払っています

身長、体重、空手歴、性格

実力、実績…等を

それぞれの指導者から聞き危険はないか

それぞれの生徒の成長につながる組み合わせになるか

それこそパズルを組み上げるように作業を行います

いつも言っているように

「勝つ」ことだけが目的なら

勝てる試合だけに出場すればよいことになります

自分よりも弱い相手と戦えばよいのです

そこに成長はないと思います

試合という経験を通じて

技や体力の課題を発見すること以上に

人生の課題を見つけられるような運営していきたいと思います


●イベント日程

5月15日(日)…岡山県ジュニア大会 (岡山県体育館)

5月29日(日)…限定審査会 (野田道場)

6月12日(日)…岡山県大会 (岡山武道館) 

6月26日(日)…夏季審査会 (野田道場)



●今週の一言(45)

スタートラインは今の自分

過去を認め

未来を見据え

今を生きよう



●解説

98年の夏の甲子園、松坂大輔投手を擁する横浜高校は

準決勝で高知の明徳義塾を下し、

翌日の決勝戦でも勝ち優勝しています

準決勝は大苦戦、

8回、9回の攻撃で6点差をひっくり返し逆転しています

横浜の選手たちは、

まずは1点とろう、

1点とれたらもう1点、

そしてこの甲子園という

素晴らしい場所に少しでも長くいられたらいい…と思い、

勝つことではなく、自分たちが「今、ここ」で

出来ることに集中したといいます

明徳の選手たちは

6点差で後2回を残すのみの終盤で

勝利に心を奪われしまい攻めて来た

横浜高校の勢いを止めることが出来なかったのでしょう

「今、ここ」でという気持ちは集中力にもつながります

失敗を恐れてよい動きが出来ないのは、

これからするかもしれない失敗を恐れ今に集中できないからです

失敗を恐れず、失敗を引きずらず

「今、ここ」でやるべきことを大切にして行動しましょう



●参考…スポーツ選手よ強くなるには「哲学」を持て/杉浦健



最後まで読んでいただき有難うございます
Share

Comments 0

Leave a reply