FC2ブログ

2011年05月09日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます

CA390088_convert_20120205165611.jpg


何もしたくない…という時期がありました

エネルギーが湧いてこないのです

競技選手としての目標がなくなり、

体だけ存在しているような感覚です

抜け殻のようでしたいわゆるバーンアウト(燃え尽き)状態です

空手の目標が競技だけだったからでしょう

中川先生から教わりました

目標には二つ種類がある

一つは達成目標

もう一つは

熟達目標(目的)です

達成目標は競技の成績や組手の上達

熟達目標は…

競技を通じて何を学ぶか

或いは人生の目標と言えます

競技試合を通じて何を学んだかを考えました

日々の小さな努力の大切さ

一人で稽古することの限界

結果は自分の心の反映

小さな妥協が大きな失敗につながる

勝敗よりも組手の内容

集中力が何よりも大切

プレッシャーはコントロールできる等です

空手をはじめた動機そのものでした

空手をはじめた当初は

競技の成績などに関心がなっかたことを思い出し

意欲は後回しにしてとにかく動いてみようと思いました

武道、武術関連の本を読んだりDVDを見るなど

仕事に直結することから始めました

不思議なことに

様々な事に興味が湧いてきました

音楽、映画、漫画、心理学、教育、政治

明治維新以降面白くないと思っていた日本史(戦前・戦中・戦後)

テレビでは伝えられない様々な出来事など

世の中は

面白くできていると感じながら生活しています

これからも

何かに迷った時は

とにかく行動しようと思います


●イベント日程

5月15日(日)…岡山県ジュニア大会 (岡山県体育館)

5月29日(日)…限定審査会 (野田道場)

6月12日(日)…岡山県大会 (岡山武道館)

6月26日(日)…夏季審査会 (野田道場)



●今週の一言(46)

立すくんでも

道はひらけない

道をひらくためには

心を定め懸命に歩くことだ



●解説

パナソニックの創業者である松下幸之助さんの言葉からの抜粋です

小学校を中退しわずか9歳で丁稚奉公

15歳で大阪電燈に見習い工として入社

猛烈な働きぶりが評価され検査官へ出世しましたが

現場が好きだったので仕事に退屈を感じ22歳で独立

妻と義弟の3人で電球ソケットの販売を開始しました

創業当時はユーザーに受け入れられず

生活は困窮を極めいよいよ立ちいかなくなったとき

アタッチメントプラグなどの商品が評判を呼ぶことになりました

大不況で売り上げが不振に苦しめられたり

終戦後は「借金王」と呼ばれるほど負債を背負いましたが

この言葉のように自分が進む道を信じていたから

迷わずに進むことができたのでしょう



●参考…経営者100の言葉/山口智司


最後まで読んでいただき有難うございます

Share

Comments 0

Leave a reply