FC2ブログ

メール配信(2020.02.03)

author photo

Byblacksabbath1104

会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。

少年部で稽古中の話です。

約束組手などでは高学年と低学年が組んで

高学年の先輩に技を教えてもらいながら

進行していますが、

時々、先輩の言うことを聞かない後輩がいます。

何故、言うことを聞かないのかたずねると

その生徒は「自分の方が強い(上手い)から」…と答えます。

客観的に見て、そんなことは無いのですが

強いから、言うことを聞かないでは

進行の妨げにもなるし

相手をしてくれている生徒にも迷惑をかけることになります

道場内だけでなく学校や社会に出ても

ルールやマナーはあります。

いまの内に意識できるよう接していきたいと思います。


●イベント日程
210日(日)限定審査会
217日(日)昇段講習会
223日(日)レベルアップ講習会
308日(日)春季審査会
322日(日)春季交流試合



●とくいく「論語」二十四 (人との付き合い方と対話の仕方・三)

「書き下し文」
有子曰く、
礼の用は、和を貴しと為す。
先王の道は、斯を美と為すも、
小大之に由れば、行われざる所有り。
和を知って和するも、
礼を以て之を節せざれば、
亦行わる可からず。


「読み方」
ゆうしいわく、
れいのようは、わをたっとしとなす
せんおうのみちは、これをびとなすも
しょうだいこれによれば、おこなわれざるところあり
わをしってわをなすも、
れいをもってこれをせっせざれば
またおこなわるべからず。


●とくいく「こども論語」訳
有先生が言いました。
「あいさつ」は、あいさつを交わした人どうし、
お互いの心が安心して気持ち良く接することができるようになるので、
たいへん善いことなんですよ。
また、決まりごと(ルール)を守ることは、
みんなのためになる善いことなので実行するようにしましょう。
それは昔の偉い王様も、
みんなが仲良く暮らすのにたいへん大事なことだといっています。
しかし、仲良くなれたからといって、
お互いに好き勝手な言動をしていると、
そこに「けじめ」がなくなり、
相手の嫌がることに気づかず争いや喧嘩になる場合があります。
だから、相手を敬い思いやる気持ちがなくならないように、
礼の節度(けじめ)を常に心がけるようにしないといけないですよ。


●出典…論語(学而第一-十二)/徳育学習会


昨日の指導員会議

話し合われた内容

そして

稽古した内容を

今後の運営指導に

活かしていきたいと思います。

参加していただいた皆さん

有り難うございました


最後まで読んでいただき有難うござい
ます。
Share

Comments 0

Leave a reply