FC2ブログ

正座

author photo

Byblacksabbath1104


正座  

ZOE_5766_1_convert_20150415133636.jpg居住まいを正す
正座は、身体にとって自然な姿勢ではありません。世界的な分布を見ても決して普遍的な座法ではなく、日本に特徴的な座法です。歴史的に見ても正座が一般の生活に普及したのは江戸時代とされています。こうした非自然的な座り方が技として身についていたという事実は、背景に強力な躾があったことが伺えます。正座は、「居ずまいを正す」という感覚(心構え)と結びついています。
この姿勢は、自分自身の身心を律する心構えであると同時に、他者に対する礼儀正しさを表現する意味を持っています。躾は身を美しくすると書きますが、正座の訓練は文字通りの躾であったといえます。
尚、座礼を行なう時の手のつき方は右手(利き手)温存(遅れて出す)の心得とされています。
少年部で、正座が出来ない生徒は上達も遅いようです。 心構えが姿勢に現れるということなのでしょう。



Share

Comments 0

Leave a reply