FC2ブログ

2011年07月04日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます

CA390840_convert_20120205153900.jpg


「考えるな」「感じるんだ」

とは有名なアクション俳優

ブルース・リーが映画の中で言ったセリフです

稽古の中で時々使います

自分には運動神経がないと思っているている人は

ほとんど考えすぎていることが多いそうです

運動は右脳(イメージ)を使うものですが

運動神経がないと思っている人は

左脳(言語)で考えてしまい

適切なタイミングを逃してしまうようです

上達するのにセンス才能は関係ありません

重要なのはすばり「集中力」つまり、没頭することです

集中できれば様々なことを感じます

空手では自分の心理や身体

そして相手の心理や身体が

どうなっているかを「感じる」ようになります

また

「集中」と「楽しい」は脳内では同じ部分が使われます

笑顔をつくると脳は楽しいと感じます

楽しいと感じると集中しやすくなります

稽古で黙想(瞑想)の時間を多くとることや

遊びのようなアップ(運動)をしている理由です

空手以外でも同じです

習得すべきスキルは遊びに近いほど早くなるといいます

勉強が楽しくないという人は5分ほど

瞑想してゲーム感覚でできる勉強法を開発するなど

工夫をしてみたらどうでしょうか


●イベント日程

7月10日(日)…香川県大会 (香川県高松市)

7月23日(土)~24日(日)…夏季合宿旅行 (城崎)

7月31日(日)…美作修練会 (美作道場)



●今週の一言(54)

古(いにしえ)を考え今を照らす

先人と自分の経験を整理し

日々新たな「発見と感動」を体験しよう



●解説

稽古という言葉の意味です

一生懸命努力しているのに

なかなか上達しないという人がいます

多くの人は上達するためには

苦しくても「我慢し頑張る」ことが大切だと思っているようです

ある場面では、その通りといえますが、

上達のための秘訣は「楽しみながらやる」ことです

たいした努力もせず易々と上達したように見える人もいます

彼らは「努力している」と思わせないくらい、楽しみながら行動しています

(他から見ていたら苦労でさえ楽しんでいるところがあります)

どんなことも退屈な面や困難な面があるものですが

価値のあること、或いは上達が感じられていると

満足感で退屈や苦労も気にならなくなります

大事なことは、なにを重視し、

優先させるか、重要なものとそうでないものを分け

重要でないものにはエネルギーをつかわないことです

人の能力(知識や情報、経験など)は、

時間の経過や体験によって高まっていきますが、

意欲は時間とともに低下していくものです

だからこそ、

能力の向上以上に、

正しい道筋や意欲を駆り立てる方法を開発していくことが大切です



●参考…コンセントレーション・コントロール・メソッド
/株式会社キャピタルスポーツ



最後まで読んでいただき有難うございます

Share

Comments 0

Leave a reply