FC2ブログ

メール配信(2012.09.03)

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。

P1050354_convert_20120904115958.jpg

9日の日曜日は30人の組手マラソンです

普段一緒に稽古する機会のない

生徒同士の交流の場として期待しています。

連続組手のアドバイスとして

組手の最中は絶対に構えを崩さないこと

そして合間の礼法は心をこめて行うことがあげられます。

相手に対する感謝の気持ちを表す

そして、自分自身を律するという心構えが

合間の礼法に現れてきます。

それが、きちんとできていれば

30人も、あっという間に過ぎていくことでしよう

当日は、暑くなると思われます

水分補給の準備を、忘れないようにしてください。


●イベント日程

9月9日(日)   本部修練会 (岡山体育館)

9月30日(日)  伝統型大会(岡山県体育館)

10月7日(日)  秋季審査会(野田道場)



●とくいく「論語」六 (心を込める大切さを知る・二)


「書き下し文」


林放、礼の本を問う。

子曰く、大いなるかな問いや。

礼は其の奢らんよりは、寧ろ倹なれ。

喪は其の易まらんよりは、寧ろ戚め。




「読み方」

りんぽう、れいのもとをとう

しのたまわく、おおいなるかなといや

れいはそのおごらんよりは、むしろけんなれ。

もはそのやすまらんよりは、むしろいため


●とくいく「こども論語」訳

林放という孔子のお弟子さんが質問しました。

礼儀(あいさつや返事など)の最も大切なことはなんですか。

先生が答えました。

とても良い質問ですね。

あいさつや返事は、人に目立つように派手にするより(大げさにするより)、

落ち着いて気品(自然で上品な感じ)があるようにしなさい。

大切な人が亡くなった時のお葬式にしても、

行き届かず至らないことよりも大事なことは、

相手を想う「まごころ」があり、悲しみの心があった方がずっと良いのですよ。



●出典…論語(八佾第三―四)/徳育学習会


最後まで、読んでいただき有難うございます。
Share

Comments 0

Leave a reply