FC2ブログ

2011年07月25日

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます

PAP_0157_convert_20120205150011.jpg


合宿に参加された皆さん、お疲れさまでした

今回の私個人のテーマは口出ししないことでした

実は一番辛いのです

今年は池本先生に丸投げして

大事なポイント(安全)だけに集中しました

嬉しかったことは…

小松原君をはじめとする

大学生、高校生、中学生

の先輩達が後輩たちの

面倒を献身的にみてくれたことです

バスの中、食事の時

海水浴、花火等の

楽しめる工夫

孤立している子に対する

気遣い等々

…本当にありがとう


行動自体は

グダグダでした…

私が一喝していれば

もっと迅速に行動していた

とは思いますが

※今回は3回だけ(一喝した回数)

それでは合宿の意味がないと思ったのです

大学生、高校生、中学生の生徒たちを見て生徒から

信頼されるような人間にならないといけないと思いました


●イベント日程

7月31日(日)…美作修練会 (美作道場)

8月7日(日)…限定審査会 (野田道場)

8月13日(土)~16日(火)…お盆休暇

8月14日(日)…清武会カルビー全国ジュニア大会 (神奈川県平塚市)



●今週の一言(57)

相手を変えようとするよりも

そばで輝いて生きるほうが

大きな影響を与えることができる



●解説

相手に何か不満があり

相手を変えようと働きかけると

ほとんどの人が(言葉ではなく態度で)抵抗します

今のままでいいと思っている人、

行動することに抵抗がある人、それぞれ

自分の考えが正しいと思っているのです

命令によって意欲が高まることはほとんどありません

相手に対する甘えがある場合、または信頼していない相手からの

命令は聞こうとはしないものです

それは相手のためというより

相手を自分の思った通りに

コントロールするための命令である場合がほとんどだからです

信頼関係がなく言葉だけでアドバイスすると

相手は自分をコントロールしようとしているのではないかと思うようになります

本心からその人を助けてあげたいと望むのであれば

人を信頼し尽くしてあげるという気持ちが大切です

相手を変えようとするよりも、その人のそばで

こちら(自分)が輝いていけるように努力していきましよう



●参考…キミが働く理由/福島正伸 


最後まで読んでいただき有難うございます
Share

Comments 0

Leave a reply