FC2ブログ

メール配信(2012.12.10)

author photo

Byblacksabbath1104

会員・保護者の皆様、いつも有難うございます

DSC_0081_convert_20121211102935.jpg


稽古では、全員に次ぎの行動を説明した後は

なるべく、指示をしないで、どうするかな?…

と思いつつ様子を見るようにしています

入会したばかりの生徒は進行のイメージがないため

整列時やミット運搬等で固まってしまい、行動に移すことができません

上級者でも立場を考えない行動をする人もいます

自分で気づき、考えて行動することが理想ですが

全体の進行(時間)のことを考えたら待ってもいられない場合もあり

ついつい感情的になってしまう時があります

要反省です

皆が、色々な経験を積んで

成長のきっかけになるよう工夫してきいたいと思います


●イベント日程

12月16日(日)…中四国交流大会 (香川県高松市)

12月23日(日)…北分支部修練会 (白梅総合体育館)

12月28日(金)…稽古納め

12月29日(土)~…年末年始休暇



●今週の一言(118)

 体験を通じて

 得た知識は

 魔法の力を発揮する



●解説

何か成し遂げるには色々な知識が必要です

知識は周囲が提供してくれる場合と

意欲があれば自分で吸収できます

ただし、知識をたくさん身に付けても

それだけでは役にはたちません

知識は実際の問題や課題を克服するために活かしてこそ

初めて力になります

ではどうすれば知識を現実の場に応用し活用できるでしょうか

それは知識を身に付けるとき自分の生活に照らし合わせて考え

感覚を通して実践的に吸収する習慣を身に付けることです

体験を通して得た知識は単なる知識で考えられないような力を発揮します

学校や塾で与えられた問題集を解くように実生活で経験する

出来事を考え行動してみましょう今まで獲得した知識を総動員して

よい方法がなかったら人に聞き、本を読み、人がどうしているかを観察し学ぶのです

そうすることで新しい情報と古い情報が融合しアイディアが生まれます

知識は使ってこそ力を発揮し新たな価値を創造します



●参考…人間大事の哲学/江口克彦



最後まで読んでいただき有難うございます


Share

Comments 0

Leave a reply