FC2ブログ

メール配信(2013.05.20)

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。

DSC_0284_convert_20130520145725.jpg


道場では幼年や初心者の

帯の結び方や名前の書き方トイレへの誘導を

年上の生徒や先輩にお願いしています。

みんな快く引き受けてくれて優しくリードしてくれます。

指導者として空手の上達も嬉しい出来事ですが

小さい子供達への先輩たちの接し方を見ていると

とても幸せな気分になれます。

道徳的な考え方が薄らいできていると言われる日本ですが

明治初期まで道徳教育の指針として実語教…というものがあったそうです。

インターネットで見つけたのでご紹介します。


●転載開始(一部編集)

実語教に書かれている内容はシンプルです

(以下は解説文の抜粋)

お年寄りは、ちょっと歩くのも大変なことがあります。

そういう大変さはなかなか伝わらないので、

おじいさんやおばあさんが階段を上るときとか、

大きな荷物を持つのに大変そうにしているのを見たら、

すすんで手を貸してあげてください。

「大丈夫ですか?」と手をとってあげるだけでも、

お年寄りは助かるのです。

そういう行動をすると、その場の雰囲気がよくなります。

幼い子どもも同じです。

小さな子はあたり構かまわず、いきなり走り出して、

転ころんでしまうことがよくあります。

そういう子がいたら、助け起こしてあげましょう。

みんなが積極的にそういう行動をとる社会は、

安心して暮らせるいい社会です。


●転載終了

この『実語教』という本には、

学びの大切さ、両親・先生・目上の人への礼儀、

兄弟・友達・後輩との付き合い方などについて、

やさしく説かれています。

戦後はアメリカの方針で、このような本(文化)まで

忘れ去られてしまっているようです。

良い物は残す努力をしていきたいと思いました。



●イベント日程

 5月26日(日) 限定審査会(野田道場)

 6月9日(日) 岡山県大会 (岡山武道館・柔道場)

 6月23日(日) 夏季審査会(野田道場)


●今週の一言(135)

 老いたるを敬うは

 父母の如し。

 幼(いとけなき)を愛するは

 子弟の如し。



●解説


お年寄りを見かけたら、

自分のお父さんやお母さんのように大切に敬いなさい。

幼い子どもを見かけたら、

自分の子どもや弟・妹のようにかわいがってあげなさい。

という意味で『実語教』からの言葉です。

『実語教』は平安時代から明治初期まで、

1,000年近くにわたって使用されてきたもので、

江戸時代の寺子屋教育のベースとして広く普及し、

日本人の心を育む原点となった本です。

福沢諭吉の『学問のすゝめ』は、

この『実語教』を下敷きとしており、

教育勅語でも同様の内容が説かれています。

子どもの頃に『実語教』をしっかり学んで自分のものにしてしまえば、

自然と立派な大人になれるといわれていました。



●参考…インターネットサイト/国際派日本人養成講座


最後まで、読んでいただき有難うございます。

Share

Comments 0

Leave a reply