FC2ブログ

メール配信(2010.10.28)

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。

IMAG0507_convert_20131028134945.jpg


昨日の伝統型大会に出場された皆さん

お疲れさましでした。

実力を発揮できた人も

出来なかった人も

一つの学びとして受け止めて

今後の稽古に活かしてもらいたいと思います。

大会前の話ですが個人により習得の状況が違うので、

茶帯や黒帯の先輩に下級者の部分的な指導を

お願いすることがありました。

教えてもらった生徒も上達して、喜んでいましたが

それ以上に

教えてくれた生徒が上手くなるという場面が多く見られました。

自分が指導した生徒が演武している姿を見ると

指導者の方も緊張するものです。

生徒間の交流というとても意義のある大会に

なったのではないかと思います。


●イベント日程


 11月3日(日) 限定審査会(野田道場)

 11月10日(日) 北分支部後期審査会(白梅体育館)



IMAG0558_convert_20131028135055.jpgIMAG0555_convert_20131028135027.jpg


●今週の一言(152)


 教学半す(なかばす)

 「教える」ことは

 「学ぶ」こと




●解説


「教える」とは、一般的な意味では、

学校の先生様々な知識や技術などを教授することですが、

広い意味では、相手の知らない知識や技術などを分かりやすく説明し、

それが身に付くようにしてやることとして使われます。

「教える」という言葉を使うとどうしても学校の教育を連想しますが、

自分が大事だと思うことを他人に「伝える」という意味でとらえるなら、

日常の至るところで「教え、学ぶ」関係は見られます。

私たちは、周りに何かを教えようとしてはじめて、

教えることの難しさが分かるものです。

そこで、もっともっと自分が学ばねばと発奮し努力するか、

「まあいいか」ですませるかで、

その後の人生に大きく差がでてくるのだと思います。

自分がもっと学びながら、

周りの人によりよいことを教えられるように、がんばりたいものです。



●参考…ブログ/一隅を照らす寺子屋


Share

Comments 0

Leave a reply