FC2ブログ

メール配信(2013.11.18)

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。

IMAG1333_convert_20131118095401.jpg

冬季審査と中四国交流大会が12月に行われます。

稽古指導もこの二つの行事に合わせて行っています。

ちょっと心配な生徒は稽古の後で補習したり

手引きを見て、解らない部分があったら

たずねて来るよう指導していますが

次ぎの週には忘れている場合があります。

ついつい感情的になることもありますが

武道やスポーツでは上手くできないので

徹底して繰り返した技が後には得意技になっている

というこはよくあります。

長い目で生徒を見守っていきたいと思います。


●イベント日程

 11月24日(日) 徳育講習会(落合)

 12月8日(日) 冬季審査会(野田道場)

 12月8日(日) 岡山地区忘年会

 12月15日(日) 倉敷地区忘年会

 12月15日(日) 津山地区忘年会

 12月22日(日)中四国交流大会(高松市)


IMAG0588_convert_20131118095952.jpgIMAG1304_convert_20131118100226.jpg

●今週の一言(154)

 いい思いを

 しようと思ったら

 嫌なことも我慢

 しなければならない



●解説

アメリカメジャーリーグのジョー・トーリー監督の言葉です。

選手時代数々の賞を受賞し、引退した彼は、

数チームの監督を歴任するものの1995年まで選手時代も監督としても

ワールドシリーズに出場することはありませんでした。

そんな実績のない彼が1995年末に

ニューヨークヤンキースの監督として抜擢されました。

多くのメディアはチーム方針を批判しましたが、

就任1年目にヤンキースを18年ぶりにワールドシリーズへと導きました。

1998年には念願のワールドシリーズを制覇し2000年にかけて3連覇を果たしました。

そして監督としてメジャー史上10人目となる2000勝を達成します。

彼の成功の要因は、選手時代にはワールドシリーズに出場できなかった悔しさ、

そして監督として低迷していた時の体験が影響していることは想像できます。

長い目で見れば、今の挫折経験は決して意味のないことではないようです。



●参考…一流選手の言葉/ビジネス哲学研究会

Share

Comments 0

Leave a reply