FC2ブログ

メール配信(2014.01.20)

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様、いつもありがとうございます。

IMAG2770_convert_20140121121110.jpg


稽古中に良く言う台詞です。

他の人が注意やアドバイスを受けていたら

自分がアドバイスをされていると思って稽古してごらん

すぐに上手くなるよ…

私も指導経験が長くなったので余程大人数でない限り

一人と一人の技や表情で

どんな気持ちで稽古しているかが解るようになりました。

私が遠くにいても一生懸命する生徒や

逆に近くにいても、集中しきれない生徒等

色々な状況の中、言葉のかけ方を考えたり

厳しく注意したり、褒めたりと…

現在も試行錯誤の毎日ですが

自分が一生懸命すれば、生徒もそれに応えてくれるようです。

日々反省しながら指導していきたいと思います。


●イベント日程

 2月2日(日)限定審査会

 2月16日(日)昇段講習会

 2月23日(日)フリースタイル東京オープン


IMAG3338_convert_20140121120645.jpgIMAG3274_convert_20140121120559.jpg


●今週の一言(160)

 
 父母は天地の如く、

 師君(しくん)は日月(じつげつ)の如し。

 親族はたとえば葦(あし)の如し。

 夫妻はなお瓦の如し

 父母には朝夕(ちょうせき)に考(こう)せよ。

 師君には昼夜仕えよ。



●解説

お父さんお母さんを大事にしなさい。

先生の言葉はしっかりと聞きなさい。

という意味です。

お父さんやお母さんは、皆よりも世の中のことをよく知っています。

子供を育てるのは大変です。

自分でやりたいこことがあっても我慢したり、

子供が病気にならないで、ちゃんと学校に行けるようにと毎日考えています。

また、師君とは教え導いてくれる人のことです。

生活で関わりのない親戚や遊ぶだけの友達がどんなに沢山いても、

その人達が知恵を授けてくれるとは限りません。

父さんお母さん、そして先生たちは、

自分にとって気持ちのいい言葉ばかりを言うわけではありません。

厳しく聞こえる言葉の中に、

自分を正しく導いてくれる教えが沢山含まれているものです。



●参考…実語教/齋藤孝



追加…

ツィッターで見つけた面白い文章がありましたので紹介します。


学校の授業中…生徒が先生に質問します。

生徒…こんな問題出来るからって将来何の役に立つんですか?

教師…この程度の問題も解けない人が、将来何の役に立つんですか?

なる程と思いました。


最後まで読んでいただき有難うございます。
Share

Comments 0

Leave a reply