FC2ブログ

メール配信(2014.02.10)

author photo

Byblacksabbath1104

定期通信

会員・保護者の皆様いつもありがとうございます。

IMG_9643_convert_20140209184831.jpg


私の選手時代のお話です。

大会に向けてトレーニングも順調、いい感じで仕上がり

優勝出来るという妙な自信がありました。

試合前でも緊張しないのは自分の心が強くなったからと思ったのでした。

そして前日の夜を迎えました。

その夜…軽くイメージトレーニングでもしようと

試合のことを考え始めると急に緊張感(プレッシャー)に襲われ

あれこれ考えているうちに一睡もできず、

徹夜状態で当日を迎えることになってしまいました。

結果は2回戦で判定負け

試合開始直後には息があがり集中もできず、

頭の中は否定的な独り言ばかりでした。

試合後…負けた悔しさで頭を抱えながらなんでこんなことになったのか考えました。


・徹夜で試合すれば負けるに決まっている

・本戦では自分が勝っていた。

・審判の見る眼がない

・相手との相性が悪かった…等々。言い訳が浮かびます。


中川先生からのアドバイスを聞き…

帰ってからメンタルトレーニングの本を読み直しました。

出てきた答えは相手に勝つ前に自分自身に向き合う

そんな、行動を怠っていたということでした。

この体験は競技だけでなく普段の生活にも

生徒への指導にも活かされていると思います。



●イベント日程

 2月16日(日)昇段講習会

 2月23日(日)フリースタイル東京オープン

 3月2日(日)春季審査会


DSCN0007_convert_20140209184925.jpgCIMG0209_convert_20140209184903.jpg


●今週の一言(162)

 全ては自分次第

 物事を人のせいにする人は

 最終的には損をする



●解説

いろんな物事を人のせいにする人がいます。

例えば、Aさんが「こんな腹が立つのは、Bさんのせいだ!」と思っているとします。

この場合、腹が立つ気持ちを変えるには

Bさんが態度を変える等の対応をしないとどうにもなりません。

つまり、その感情がどうにかなる権利はBさん次第と言うことになります。

こういう時は原因を外ではなく内に起因させる視点を持つようにします。

起こった物事に対して「自分はなんでこんなに腹が立っているのだろう?」と考えるようにします。

感情のコントロール権利は自分自身にあると考えるようになると、

周りに揺さぶられることが少なくなり、

いろんな物事を客観視する事が出来るようになります。

相手や周囲の環境が自分の感情や、行動の決定権を持っているわけではなく、

自分自身が自分の感情や、行動の決定権を持っているという形にしていきたいものです。



●参考…ツィッターより


昨日の指導員会議に

参加された皆さん

お疲れ様でした。

今後とも宜しくお願い致します。


最後まで読んでいただき

ありがとうございました。
Share

Comments 0

Leave a reply